English | 日本語

カブールの町造り計画をBaba-i-Millatにちなんで命名

2007年7月28日カブール(Pajhwok Afghan News)

カブールで建設中の新しい町が、国家の父であるMuhammad Zahir Shahのアフガニスタンに対する貢献を称えて、その名をつけることになった。

Marjan町造り計画、今ではMuhammad Zahir Minaと名づけられたが、土曜日にそのプロジェクト完工式がカブール市政府の高官によっておこなわれ、区画の割当が当地で正式に開始された。

副市長Gharzai KhwakhogayはPajhwok Afghan Newsに対し、この町はカブール市政府が作成した計画によれば350エーカーの土地に建設され、約2,000区画を有すると語った。

以前はMarjan町として知られていたが、このプロジェクトは月曜日に93歳の天寿を全うして亡くなった元国王の国に対するすばらしい貢献に感謝してMuhammad Zahir Minaと改名された。

副市長によれば、約600区画についての書類がこれまでに割り当てられたが、残りの1,500区画については書類を作成中である。彼は、この小さな町にはアスファルト道路、水路、水道管、市場、モスク、公園、学校そして図書館が備えられると約束した。

区画の所有者は市政府に承認された建築デザインに従って家を建てなければならないとGharzaiは語り、市の規則に違反することは許さないと断言した。