English | 日本語

Mohammad Zahir Shah、アフガニスタン最後の国王、92歳で死去

2007年7月23日カブール(International Herald Tribune-AP)

アフガニスタン最後の国王、1973年の宮廷革命で追放され、戦争が国を破壊する前までの40年間の平和を見守ってきた統一の象徴、が月曜日に死去した。92歳であった。

Mohammad Zahir Shahの死去によって、アフガニスタンの君主制の最後の名残が終わり、2001年にタリバンが追放されて亡命から帰国し以来、「国の父」として祝われてきた人物のために、国は3日間の喪に服することとなった。

Zahir Shahは40年間の在位中必ずしも有能であったわけではないが、戦闘に倦んだ国民は流血なしに国を導いた彼のことを温かく記憶している。

2001年にタリバンが追放されて国民的和解への希望が新たになったとき、多くの人はZahir Shahの帰還を、それも母国への帰還だけではなく王座への帰還を求めて騒ぎ立てた。

2002年4月に帰国すると、彼は反タリバンの一人の部族民、現在の大統領ハミド・カルザイを推して自分は身を引いた。2004年1月には新憲法が議会を通過し、君主制を歴史上のものと化した。そしてZahir Shahは儀礼上の「国の父」とされたが、その地位は彼の死とともに消滅することになっている。

「国民は諸君を信頼しており、諸君は国民のことを忘れてはならない。」と国王は画期的な憲法を承認したLoya jirga、すなわち大集会、に向かって語った。「諸君が、全力を尽くして平和と安定とアフガニスタン国民の統一を維持するよう努力することを望む。」

その後、Zahir Shahは治療のために何度もアフガニスタンを離れ、今年に入って繰り返し彼の死が噂された。彼の正確な死因は公表されていない。

カルザイは国王の死去を実況中継された記者会見で発表した。彼は国王をアフガニスタンに発展と教育をもたらした「国家統一の象徴」と呼んだ。国王は生涯の最後の数年、指導者であったが、王座の権力を求めない指導者であったと彼は語った。

「彼は国民の僕であり、国民の友人であった。」とカルザイは語った。「彼は国民主権と人権を信奉した。」

カルザイは、アフガニスタンが3日間国王の喪に服すると語った。彼の亡骸はカブールのモスクに正装安置され、その後馬車によって丘の上の墓所に運ばれる。葬儀は火曜日に予定されている。

Zahir Shahは1914年10月15日に生れ、1933年に父親であるMuhammad Nadir Shahが目の前で暗殺された数時間後に19歳で国王として宣言された。

彼は活動的な支配者ではなく、その在位中のほとんどは彼の叔父たちや従兄弟たちが権力を握っていた。

しかし、彼の中立外交政策と非常に保守的な社会に対する限定的な自由化によって、平和を保つことができた。それは、その後の過激主義と殺りくに苦しんだ多くのアフガニスタン人の目からは、黄金時代であった。

「陛下の代わりを務められるものはいない。」と国王の孫Mustafa Zahirが先月APに対して語った。「しかし、我々は希望のたいまつを掲げ続けることができる。君主制を復活させるためではなく、たとえ、同じような強さは二度と持ち得ないであろうが、

その希望のメッセージとともに続けるためである。

ワシントンでは米国大統領George W. BushがZahir Shahを、「母国の国民を代表する、自由な選挙で選ばれた政府の目標を支持した」「アフガニスタン歴史上記念すべき人物」と呼んだ。

英国の女王エリザベス2世は国王の死去を「大きな損失」であるとかたり、米国大使William Woodは米国政府がZahir Shahの「統一された、民主的な、繁栄する、平和なアフガニスタンという理想」にコミットし続けることを再度断言した。

パキスタン大統領Pervez Musharrafは、アフガニスタンは「偉大なる政治家」を失ったと語った。

「彼は、困難な時代に英知で国を導いた平和の人として知られていた。」とMusharrafは語った。

国連のアフガニスタンにおける代表トップのTom Koenigsは国王が、「アフガニスタンの近代史における最も平穏で繁栄した時代を統治し、そして困難な紛争の数十年間を含み統一に向けた影響力を行使した」と語った。

国王はヨーロッパで教育を受け、アフガニスタン近代化に向けて穏やかな動きを行った。芸術のパトロンとして、彼は音楽祭や劇団の資金を拠出した。狩猟や乗馬そしてスキーを愛した。

冷戦中は、ソビエト連邦と国境を接し、アジアと中東を結ぶという位置によって、アフガニスタンの重要性は拡大した。しかし、Zahir Shahは第2次世界大戦中と同様、アフガニスタンを紛争に巻き込ませなかった。

国王は1964年にアフガニスタンを立憲君主制に変えた。新憲法はすべての子供に対する初等教育を義務教育とし、女性に投票権、学校に行く権利、そして働く権利を与えた。

しかし、彼の改革は失速した。それはZahir Shahがあまり多くの権力を手放すことを嫌ったことが一つの原因であった。政党が合法化されることはなく、議会と首相はほとんど無力であった。

彼の失脚は1973年に、以前十年間首相を務めた従兄であり独裁的な近代化主義者Mohammad Daoud Khanの手によってもたらされた。

国王が南部イタリアの島で温泉を楽しんでいた最中に、Daoud Khanは自分を大統領とする共和制を宣言した。Zahir Shahは流血を避けるために退位し、300年間続いた王朝を閉じた。

背が高く、エレガントで控えめな人物であり、滅多にインタビューに応じることもなかった。とくに1991年にアンゴラ生まれのポルトガル人が記者に扮して暗殺を謀って以来はそうだった。暗殺者はイスラムへの改宗者で、元国王を飾りつきの銀のナイフで数回刺した。Zahir Shahは顔と喉に傷を負った。

アフガニスタンが1980年代のソビエトによる占領と、1992年から96年の内戦、そしてタリバンの登場と失脚の間、波のように繰り返される殺りくと破壊に苦しむのを、彼はローマからただ見ていることしかできなかった。

元国王と彼を取り巻く人々は、多くのアフガニスタン人同様、流血を終わらせることを期待して当初はタリバンを歓迎した。しかし、それはすぐに失望に変わり、Zahir Shahは幅広い基盤を持った政府を作るためにloya jirgaを開催するべく働き始めた。

この計画は米国の9月11日テロ攻撃後までは低調であった。2002年のloya jirgaの後、Zahir Shahは豪華なダウンタウンにある宮殿に戻った。しかし、彼は繰り返し王座の埃を払って復帰する野心はないと語り、ただ母国を生き返らせ再統一したいだけであると主張した。

自分の部族パシュトゥン族の枠を超えて尊敬を集めることのできる数少ないアフガニスタン指導者として、Zahir Shahはたまに公の場に姿を現すとき、王者の雰囲気をにじみ出していた。アフガニスタンを訪れる外国の高官は、大統領にならび、必ず彼を訪問することを忘れなかった。

なき元王妃Homaira Shahは2002年6月にイタリアで心臓発作のために死去し、Zahir Shahの父親の名をとって命名された、カブール南西部の丘の上にある墓所に葬られた。Zahir Shahには存命中の3人の息子と2人の娘がおり、ほかに生前2人の息子を亡くしている。