English | 日本語

アフガニスタン最後の国王が92歳で死去

2007年7月23日カブール(AHP)

アフガニスタンの最後の国王Mohammad Shahがカブールで月曜日に92歳で死去した。彼が30年間の亡命から帰国してその最後の数年間を過ごした戦火に引き裂かれたアフガニスタンはその喪に服した。

ハミド・カルザイ・大統領は「国の父」のために3日間の喪に服することを宣言した。1973年までの国王の40年間の統治は、混乱に落ちて行く前、この中央アジアの国で平和と安定の時代として記憶されている。

アフガニスタン国旗の半旗が掲げられ、国営テレビも民間テレビも予定番組をコーランの朗誦と厳粛な宗教的な詠唱に差し替えた。

Zahir Shahは1973年にイタリアで休暇中に、彼の従兄でもある元首相Mohammad Daudがクーデターを起こしたことを聞いて、王位から退位しアフガニスタンの何世紀も続いた王制を終わらせた。

彼は1979年から1989年のソビエトによる占領とその後の内戦の間亡命生活を続けたが、2001年に9.11テロ後の米国主導の侵攻によって超イスラム主義のタリバン政権が崩壊した数ヵ月後に帰国した。

カルザイは大統領宮殿で国王の死去を発表した。「すべての同朋に、国の父、Mohammad Zahir Shah陛下が本日午前5時45分に死去されたことをお知らせする。」

「国の父の死を悼み、国として3日間の喪に服することを発表する。3日間アフガニスタン国旗の半旗を掲げる。」とカルザイは付け加えた。

泣き国王の葬儀と埋葬は火曜日にカブールで行われ、翌日には全国と在外公館で祈りの儀式が行われると、大統領スポークスマンKhaleeq Ahmadが語った。

Zahir Shahは亡命からの帰国後、憲法集会で「国の父」の称号を授けられた。

部族の指導者たちや同族のパシュトゥン人からの圧力にもかかわらず、Zahir Shahは再びアフガニスタンを指導する気はないと繰り返し語った。

最後の数年間は健康状態が悪かった。

1931年に結婚した妻Homairaは2002年にアフガニスタンに帰国して夫と一緒になる準備のさなかに亡くなった。二人は5人の息子と2人の娘に恵まれた。

Zahir Shahは1914年10月15日に生れ、19歳で即位した。1933年に、カブールの宮殿の芝生の上で行われた学校の授賞式で、一人の10代の若者が彼の父Nadir Shah国王を射殺した後のことであった。そのとき彼は父国王の傍らにいた。

彼の統治下で、1964年憲法によってアフガニスタンは自由選挙と、議会と、市民権を備えた近代民主制に変わった。

しかし、根底に問題があった。国王は弱いと考えられていたので、縁者贔屓が横行し、経済は停滞した。緊張が高まり1973年のクーデターに発展した。

ヨーロッパから、故国がソビエトによる占領と、その後の内戦、そしてタリバンの強硬支配によって苦しみバラバラになるのをZahir Shahは見ていた。

年老いた元君主に対する弔辞が海外から殺到した。

米国大統領George W. Bushは国王のことをアフガニスタンの歴史上「記念すべき人物」と称し、国王は故国を民主主義と安定に向け勇気づけたと付け加えた。

女王エリザベス2世は、国王の死に「深く悲しんだ」と語り、「彼の偉大な経験と英知が惜しまれるであろう」とカブールの英国大使館から発表された声明の中で付け加えた。

「1971年の彼の英国訪問を、楽しい記憶とともに思い出す。アフガニスタンの国民が彼に対して持っていた愛情と尊敬を知っている。」と女王は語った。

英国首相Gordon BrownはZahir Shahが「アフガニスタン国民の統一とアフガニスタンの民主主義的価値観を復活させるのを助けるために独特の役割を果たした」と語った。

インドは、Shah の死去を悼んで火曜日に政府の建物すべてと世界中の在外公館で半旗を掲げると発表した。

カブールの国連はZahir Shahを「真の平和の王」と説明し、彼がアフガニスタンの歴史上最も平穏な時代の一つを統治し、何年間もの戦争の間国の統一に向けた影響力を行使したとしてほめたたえた。

タリバンは国王の初期の時代については賛辞を送ったが、彼が帰国してからは米国の利益のために利用されたと語った。それは武装勢力が血塗られた反乱を強めた5年間のことである。

「国の父はアフガニスタンの歴史上知られた人物であり、厚く信頼された。」とタリバンのスポークスマンYousuf AhmadiはAFPに対し、不明の場所からの電話で語った。

「残念なことに、最近は米国人が彼を自分たちの利益のために利用してきた。アフガニスタンへの帰国から亡くなる日まで、彼は米国の利益に奉仕し最近数年間は手先となった。」と」Ahmadiは語った。