English | 日本語

アフガニスタンの民間航空の数が上昇することに

2007年7月2日カブール(Asia Pulse)

アフガニスタンで運航する民間航空の数が近い将来2倍以上に増えるであろうと当地で土曜日に大臣が語った。

運輸航空大臣Niamatullah Ehsan Jawedが当地のDe Afghanistan Bankにおける記者会見で、民間航空会社3社が新たに営業を始め、合計で5社になると語った。

アフガニスタンの航空分野は55年前に国営航空会社2社、ArianaとBakhtar、が正式に運航を開始した時に始まったと、大臣は回想した。史上初の民間航空会社Kam Airは4年前に運航を開始し、Pamir Airlinesがそれに続いたと彼は付け加えた。

その間に、Bakhtar Airlinesは事業清算に追い込まれたが、Jawedはその理由を説明しなかった。最近、運輸航空省に15社が免許の申請を行ったと彼は語った。

そのうち、Afghan Air、Safi Air、Access Airのアフガニスタンの会社3社が免許を交付されたことを大臣は明らかにし、3社が間もなく営業を開始するであろうと語った。

アフガニスタンには海港と鉄道がないため、飛行機による移動がより重要になり、その結果信頼性が必要とされるようになったのであろうと彼は推測した。