English | 日本語

女性と再移住した人々に農業生産力の更なる向上を託す

地域組織と地方政府の権利を拡大することによって今後6年間農業と家畜の生産性を向上させる施策が行われている。主な焦点は、再移住した人々と母子家庭を支援することとより小規模の農家が市場参入を容易にすることの2点である。これらの成果として、酪農部門で雇用された女性は専門的援助が与えられる。カブール近郊の州に住む約17万世帯に利益をもたらす見込みだ。

なお、国際農業開発基金と国連食糧農業機関がこの事業を支援している。