English | 日本語

営業利益が鼓舞し続ける

定期市が今月はじめにヘラートで開催され、国産品を求めて約4万人の人々がこの催しに参加した。地元の工場長たちは定期市を通じて、複数の100万アフガニ契約をすることを可能にした。海外から来た顧客は、靴やカーペット、食料品、大理石で作られた商品、オートバイなどに特に興味を表していた。

トルコ、アラブ首長国連邦、イギリス、アメリカ、アフリカ連合から来た外資系企業がアフガニスタン国内の天然資源に興味を示している。ワヒデュラ・シャフラ大臣はこのプロジェクトに対し2ヶ月中入札を可能にし、署名を考えている。

以下が開発される予定のプロジェクト:

- 北アフガニスタン、バルク州のアフガン-タジキ周辺で資源ブロック

- ガズニ州、モコル市の金と銅鉱山

- バダクシャン州、ラギスタン市の金鉱

- サルエプル州の銅鉱山

- ヘラト州の半パシュト半アドラスカン市の銅鉱山

これらのプロジェクトはアフガニスタンの経済に数十億ドルをもたらす可能性があり、燃料やガスを含む鉱山省のシェアは2024年で40億ドルに達する予だ。他の天然資源の貢献で国の経済45から50% になる予定だ。