English | 日本語

アフガンビジネス急速に生産性上げる

国連世界食料計画(WFP)は、食料プログラムのために使うビスケットを、外国から輸入せずに、アフガニスタン国内で購入する予定だ。これはアフガニスタンの自国で製品を供給する力が急激に増加していることを示している。工場所有者であるアブドゥラ・ラジグ・ナシリのトロニュースでのインタビューによれば、世界食糧計画のためのアフガニスタン国内での注文は、昨年の50トンから150トンへ増加した。また、アブドゥラ・ラジグ・ナシリの所有する工場は、現在1日に約6キロを製造することができる。他の産業と同様に、アフガニスタンの工場の生産性と生産量は確実に上がっている。これらのビスケットは、アフガニスタン全土で配られる予定である。