English | 日本語

全国で各種学校が開校学生受け入れ開始

パンジシール州で多くの学校が開校し、同地は開校ラッシュの様相を呈している。同州主要都市であるシャタールとバザラクでは計31の学校校舎が新たに落成し、200を超える教室が生徒、学生らに供される。同地の数千人の就学児童がこれらの施設を利用する見込み。

 また、サマガン州でもいくつかの学校が生徒受け入れ準備を完了し、ハイルッラー・アノシュ同州知事がうち2つの学校の完成式典に参加した。これらの学校施設はユニセフとスウェーデンの協力を得て建設されたもので、一校はロバタク村の女子小学校、もう一校はショラビアク村の中学校として利用される。