English | 日本語

国際クリケット評議会が予選の日程を発表

ロンドン発、2月11日(ユーロニュース):国際クリケット評議会は、4月1日に南アフリカで12チームが参加して行われる、2011年ワールドカップ最終予選大会の全日程と会場を発表した。

上位4チームが2011年のワールドカップの参加資格を得る。また、上位6チームは2013年まで、フル・ワンデイ・インターナショナル資格を保証される。

上位6チームはさらに2009/10のICCインターコンチネンタル・カップに自動的にエントリーされる。

「トップの加盟国チームの多くが非常に実力伯仲しており、本トーナメントではスリリングな試合がいくつか見られるものと期待している。」と国際クリケット評議会のDavid Morgan会長は語った。

グループBは、アフガニスタン、ケニヤ、オランダ、バミューダ、アラブ首長国連邦、そしてデンマークで構成されている。アフガニスタンチームは3大陸で3回のトーナメントを戦ってこの大会にたどり着いた。

各チームは同じグループの他チームとラウンド・ロビン方式で対戦し、各グループの上位4チームがスーパー・エイト戦に進む。

各グループの最下位2チームから獲得した得点を除き、グループ戦段階の得点のすべてはスーパー・エイト戦に持ち越される。

スーパー・エイト戦の上位2チームが、決勝戦に進出するが、3位と4位、5位と6位、7位と8位、にはプレイオフが行われる。

各グループの5位と6位に終わったチームは、スーパー・エイト戦には参加できないが、他のグループの敗退チームと最終順位を決定するために、プレイオフを行う。

この最終予選大会の最下位2チームは、国際クリケット評議会ワールド・クリケット・リーグの3部に格下げされる。

アフガニスタンのグループ試合は以下のとおり:

4月1日:デンマーク対アフガニスタン(Vaal 大学)

4月2日:バミューダ対アフガニスタン(Witrand)

4月4日:ケニヤ対アフガニスタン (Potchefstroom 大学)

4月6日:オランダ対アフガニスタン(Vaal大学)

4月8日:アラブ首長国連邦対アフガニスタン(Potchefstroom 大学)