アフガンハウンド

 アフガンハウンドは、アフガニスタン北方の山岳地域の原産である。西欧人は 19 世紀にアフガンハウンドを発見したが、実際、アフガンハウンドの起源は何世紀も昔に遡る。明かではないが、この犬種は、数千年前、エジプト人の間ではすでに知れ渡っていたと言われる。そして19世紀の終わり頃、英国に伝わった。

 体重は約 50 ~ 60 ポンド( 22 ~ 27kg )、体長は平均で 26 インチ( 66cm )ある。頭部は長く、細い鼻と長い耳、三角形の黒い目を持っており、長くて丈夫な首が誇らしげに頭部を支えている。腰部は丈夫で弓状に湾曲しており、前肢は長く、真っ直ぐで細く、つややかで見事な長い毛が体を覆っている。特徴の一つとして、耳や足、肩の周辺は毛の量が多いが、背の部分は毛が短い。

 アフガンハウンドは、スマートで気品のある姿をしており、威厳や知的さを感じさせながら優雅に歩く。その品位ある体格にもかかわらず、この犬は牧用犬や番犬として働くだけでなく、優れた猟犬でもある。実際にアフガニスタンでは、狩猟における彼らの能力を見込んで、何世代にも渡り王宮で飼われていた。一般的にこの犬は、物静かで繊細な性格で独立心が強いため、ペットとして人気がある。