アフガニスタンへの旅

一般情報
アフガニスタンへの入国される方は、旅券・査証が必要となります。

査証
観光目的の場合、通常、 15 日間アフガニスタンでの滞在が可能な観光ビザ( tourist visa )を発行しております。

各国にあるアフガニスタン領事館又は大使館で査証の発行が可能です。

宿泊登録
旅行者は宿泊するホテルで登録用紙に必要事項を記入して下さい。

予防接種
アフガニスタンへ入国する際、天然痘、コレラ、腸チフスの予防接種をお薦めしております。

関税
個人的利用の範囲内では関税の対象にはなりませんが、ビジネス目的の場合は、予め輸出入の禁制品目などについて通産省にお問い合わせて下さい。

交通機関
航空便:アリアナアフガンエアライン( Ariana Afghan Airlines )は国営航空会社で、アジアやヨーロッパの主要都市とアフガニスタンを結んでいます。

国内便につきましては各国にあるアリアナ航空事務所へお問い合わせください。

タクシー:運賃は安く、運転手と交渉することもできますが、主要都市郊外や舗装されていない道路での利用はお薦めできません。

宿泊施設
カブールの郊外では設備が完全に整ったホテルを見つける事は困難ですが、比較的大きな都市では一般的な宿泊施設があります。

カブールには、インターコンチネンタルの他、ファーストクラス及びセカンドクラスのホテル、リーゾナブルなゲストハウスやロッジなどの宿泊施設があります。

インターネット
主要なホテル(インターコンチネンタル等)、又カブールに多数あるインターネットカフェで接続することができます。

携帯電話
携帯電話、 SIM カード、またテレホンカードはカブール市内で入手可能です。

アフガンワイヤレス( Afghan Wireless )又スラヤ( Suraya )社も市内の至る所にあります。

レストラン
カブールでは近代的なレストランで各国の料理を楽しむことができますが、アフガニスタンの伝統料理も多種多様でありますので是非味わってみてください。

パラウ( Palaw, ご飯を肉、野菜、鶏肉などと多様な方法で料理したもので、炊き込みご飯のようなもの)や、カバブ( Kabab,  肉を炭で串焼きにしたもの)、ボラニ( Bolani )やアーシャク( Ashak, アフガニスタン風のラビオリ、中にニラネギが入っており、上にヨーグルトと調理したひき肉がかかっている )                                         などが代表的なもので、お薦めです。チャイ・ハナ( Chai Khanas 、喫茶店)はアフガニスタン各地にあり、そこでは伝統的なアフガニスタン料理やお茶を楽しめます。

手工芸とショッピング
アフガニスタンでは、手の込んだ美しく豪華なカーペット、カラクル羊のコート、アフガニスタン風のオーバーコートやジャケットなど、手工芸品が豊富にあります。刺繍布、帽子やベスト、手織りのシルク生地、また中でもアンティーク物は、特に観光客を魅了する工芸品です。アンティーク品の国外への持ち出しには担当局(文化・情報省など)の認可が必要な場合があります。カブール博物館の展示物やアフガニスタンの文化遺産に属する全てものの売買は法によって罰せられ、押収されます。

銀行
カブール市内のほとんどの銀行、その他、各地の支店でも外貨の両替ができます。

また、カブール空港、ホテルや所定の店でも両替は可能です。

主な銀行は、アフガニスタン中央銀行( Da Afghanistan Bank )、国立銀行 (Bank-e- Millie) , 及びパシュタニー貿易銀行 (Pashtani Tejarati Bank) です。