第100周年アフガニスタン・イスラム共和国独立復古記念式典を主催


IMG_0444

2019年9月20日 バシール・モハバット駐日アフガニスタン大使にとりまして、駐日アフガニスタン大使館において第100周年アフガニスタン・イスラム共和国独立復古記念式典を主催したことは大変光栄で喜ばしいことでした。また、外交官及び駐日アフガニスタン大使館職員も全員出席し、素晴らしいゲストの皆様をお迎え致しました。


IMG_0706

300名を超えるゲストの方々が大使館にお越し下さり、マウラナ・ルミ・バルヒホールの玄関広間において、この素晴らしく記念すべき祝賀式典をお祝いしました。ゲストの皆様のご到着に続き、この記念式典の司会者でありましたアフガニスタン大使館のNasrullah Rozbehs二等書記官が記念式典を歓迎挨拶で始め、アフガニスタンと日本の国家をアカペラで披露していただくため、キングズレコードの有名なコーラスグループの、VOJA-Tensionをメインステージに招待しました。


IMG_0731

音楽的なオープニングに続いて、バシール・モハバット駐日アフガニスタン大使がすべてのゲストの方々への歓迎のお言葉を述べられ、これまでの女性の権利と社会参画の分野においてアフガニスタンとナショナル・ユニティ・ガバメントが辿ってきた軌跡を振り返り、RECCAが経済を強化し通過属国を排除するために地域参画の発展してきたこと、平和構築プロセスの革新的な推進、100周年記念の節目の重要さについてお話しされました。続いてバシール・モハバット駐日アフガニスタン大使はアフガニスタンの人々とアフガニスタン政府に代わり、これまでにアフガニスタン所有及び先導の発展過程に尽力くださった万国全ての参加者の方々に感謝の意を表され、この先むこう100年に続く変わらずのご協力を願われました。


IMG_0372

さらに、日本の外務省外務大臣政務官である中谷真一氏がお言葉を述べられ、これまでにアフガニスタンが達成してきた革新的な進歩とアフガニスタンの人々の決断について言及されました。


IMG_0897

バシール・モハバット駐日アフガニスタン大使の、もう一人の長年にわたる友人である公明党党首山口那津男氏もまたお言葉を述べられ、アフガニスタンと日本の長期にわたる大切な長期的関係を讃えられ、再度にわたりこの先のアフガニスタンの発展に際し日本が献身していくことを言及され、日本とアフガニスタンの関係が発展することを祈られました。


IMG_0806

お言葉が述べられた後、「100」と飾られた特別な100周年記念ケーキがホールに到着し、お言葉を述べてくださった方々皆さんでケーキに入刀されました。


IMG_0937

IMG_1349

オープニングセレモニーに続いて、司会者のNasrullah Rozbehs二等書記官がゲストの方々を、記念式典に際し用意したアフガニスタンの伝統的な食事と飲み物に案内しました。ディナーの間には、VOJA-Tensionが再び登壇し、“Watan Ishq-e tu Iftikharam”とオリジナル曲の“Centennial Chorus” さらに2曲を英語と日本語の歌詞でアフガニスタンの伝統音楽に合わせて披露してくださいました。300人以上のゲストの方々の中には、90人以上の閣下や日本での職務をお持ちの大使、外交官の皆様、日本政府の高官の皆様、企業代表者の皆様、コミュニティーリーダーの皆様、NGOやプライベートセクターの代表者の皆様、日本在住のアフガニスタン国民や日本で学んでいるアフガニスタンの学生の皆様がいらっしゃいました。バシール・モハバット駐日アフガニスタン大使、並びに外交官及び駐日アフガニスタン大使館職員は、ご出席に際し素晴らしいゲストの皆様それぞれとお話しさせていただいたことを嬉しく思い、アフガンスタン産のグリーンレーズンを詰めたお土産をお帰りにお渡ししました。


IMG_8674

IMG_8140