長谷川東京都副知事をカブール市副市長のタジクさんと共に訪問


IMG_3245

2019年6月27日: 東京メトロポリタンビルで仕事をしている東京都副知事、長谷川明さんをカブール市の副市長、サドラディン・タジクさんと共に訪問することは、バシール・モハバット特命全権大使にとって喜ばしいことでした。

長谷川副知事はあたたかくタジク副市長とモハバット大使を迎え入れ、今回の訪問に感謝をしました。タジク副市長とモハバット大使はアフガニスタン・イスラム共和国の国民と政府を代表して、日本の国民と政府に感謝を述べ、特にアフガニスタンの進歩、繁栄、平和に長年にわたる東京のしっかりとした心優しい援助に感謝を表しました。長谷川副知事はタジク副市長とモハバット大使のあたたかい言葉に感謝をし、今後も東京がアフガニスタンへの援助を続けることを約束されました。

さらに、東京とアフガニスタンが似たような歴史を共有してきたことで東京は戦後も成長し、復興が進み、経済が強化されました。タジク副市長とモハバット大使は、東京の過去の教えからカブール市に役立つ多くの事例や発想を得ることができることを述べられました。したがって、タジク副市長はアフガニスタンの首都カブール市は今後も長谷川東京都副知事と小池東京都知事によるさらなる援助と交流に期待していると述べられました。長谷川副知事は東京がカブール市の発展に役立つこと、またタジク副市長の日本での旅が楽しく、実りのあるものであることを願っておられました。長谷川副知事とタジク副市長、モハバット大使は関連や関心のある話題についても話し合いをされました。