ファティミ大使がアメリカ大使館のホッツ氏と面会

2011年2月2日: セイエド・ムハンマド・アミーン・ファティミ大使、バシール・モハバット氏、ラザク・ルークマン氏、ジェイソン・プラット氏は、駐日アメリカ合衆国大使館の一等書記官のレイモンド・ホッツ氏をアフガニスタン大使館にお迎えした。

ファティミ大使は、ホッツ氏に、先週行ったジョン・ルース大使との面会に対する感謝の意を伝えた。 面会では、相互利益関心に基づくその他さまざまな重要問題の中でも、アフガニスタン・米国・日本で共有されている、アフガニスタンにおける治安状況の地方での状況についての理解が議論された。

ファティミ大使とホッツ氏は、今後、重要問題について定期的に面会をし議論をすることで同意した。