原爆投下75周年を迎える広島・長崎の平和祈念式典に参加

2020年8月6日~9日:

バシール・モハバット駐日アフガニスタン大使は8月6日に広島市の平和記念公園、8月9日に長崎市の平和公園でそれぞれ行われた、75周年目の平和祈念式典に参加されました。モハバット大使は悲惨な原爆の犠牲者に敬意を述べられ、核兵器の悲劇を決して繰り返さないことを願う広島と長崎の人々の声に同調されました。

IMG_7303

長崎の祈念式典の際に、モハバット大使は長崎市長の田上富久氏と長崎県知事の中村法道氏と対談の機会を持たれました。彼らは歴史的かつ長期的な日本とアフガニスタンの関係や相互に関心ある事柄に関してお話されました。モハバット大使はアフガニスタン国民と政府を代表して日本国民と日本政府に対し、現在の新型コロナウイルスに対する財政支援も含めたアフガニスタンへの継続的な支援に親愛なる感謝を表されました。

DSC00966
20200807 courtesycall