宮崎プロモーションのレセプション出席


FM Motegi

2019年11月8日:バシール・モハバット駐日アフガニスタン大使は東京の飯倉ゲストハウスで外務省と宮崎県知事が共催する宮崎県プロモーションのリセプションに出席しました。また、駐日アフガニスタン・イスラム共和国大使館のナジブラ・サフィ公使も出席しました。


20191108 Miyazaki -2

このイベントは、宮崎県の地元の商品、製品、特徴の多くをゲストに紹介するために開催されました。ホールには、県の特徴をゲストに紹介して、ネットワーキングを促進するためのブースがいくつか設置されていました。イベント開会の挨拶は、茂木敏光外務大臣によってあげられました。イベント中、モハバット大使は、茂木外務大臣 宮崎県の東国原秀雄知事に対して、アフガニスタン・イスラム共和国の人々と政府に代表して、人々と政府のたゆまぬ献身と慈悲に感謝するとともに、イベントへの招待に感謝しました。日本は、その復興プロセスと平和の発展において長年にわたってアフガニスタンのために尽くしてきました。見返りに、茂木外務大臣と東国原知事は、モハバット大使の出席に感謝の意を示されて、アフガニスタンと日本の関係が今後も友好的であるように願われました。

また、このイベントには他の大使、外交官、日本の外交使節団、民間企業関係者、その他のゲストも出席しました。 その方々とモハバット大使とサフィ公使は、相互に関心のある多くのトピックについて議論しました。地域振興セミナーの鍵は、外交官の間で日本のさまざまな地域についての理解を深めることです。このようなイベントは、日本の地方自治体、コミュニティ、および外交団の絆を強化させることに大いに役立ちました。