フィリピン独立宣言から名誉ある121周年記念式典に出席


20190619 Philippines ND - 5

2019年6月19日: 東京の帝国ホテルで行われたフィリピン独立宣言から121周年の記念式典に出席する事はバシール・モハバット特命全権大使にとって光栄な事でした。


IMG_3175

アフガニスタン・イスラム共和国の国民と政府を代表して、バシール・モハバット特命全権大使はこのめでたい機会に心からの祝福を駐日フィリピン特命全権大使であるホセ・キャスティロ・ラウレル5世大使に伝えた。さらに、モハバット大使はアフガニスタンの進歩、繁栄、平和のために長年にわたり親切な支援をしてくださったフィリピンの国民と政府にも感謝を述べました。これを受けてホセ・キャスティロ・ラウレル5世大使はモハバット大使の出席と優しい言葉に感謝をし、今後もアフガニスタンとフィリピンの深い関係が続く事を願われた。

式典の間、モハバット大使はアフガニスタンのご友人や公明党代表で日本の参議院議員である山口那津男氏、駐日カタール大使館特命全権大使のハッサン・ビン・モハメド・ラフィー・アル・エマーディ大使、そしてその他の日本で仕事をする素晴らしい外交官の方々、各政府の上級層の方々にこのめでたい機会にお会いして沢山お話しすることができて喜ばれていました。