“天皇、皇后両陛下御在位30年記念式典 “への出席


seal-of-the-emperor

2019年2月24日: バシール・モハバット大使が東京国立劇場で行われた「天皇、皇后両陛下御在位30周年記念」に出席した。


この記念すべき式典は天皇、皇后両陛下のご臨席で始まった。その後、菅義偉内閣官房長官が開式の辞を述べ式典の幕が上がり、続いて日本国歌である“君が代“を斉唱した。そして、安倍晋三内閣総理大臣が式辞を述べ、式典は進んでいった。その後の祝辞は、大島理森衆議院議員、伊達忠一参議院議長、大谷直人最高裁判所長官、そして在本邦外交団団長であるマンリオ・カデロ特命全権大使が述べた。国民代表として内堀雅雄氏(福島県知事)、川口順子氏(元外務大臣、元環境大臣)が辞を述べた。その後御製および御歌の朗読、記念演奏などが行われた。これらに続き、天皇陛下が30年記念式典の参列者全てに向けておことばを述べられた。万歳三唱のあと、菅内閣官房長官による閉式の辞によって式典の幕が閉じた。


この式典の間、バシール・モハバット大使はこの最も記念すべき天皇皇后両陛下御在位30年記念式典にて数々の素晴らしい大使、公使、政治家などの参列者との出会いを光栄に思った。