投資をお考えの方へ

アフガニスタンは2001年以降のカルザイ大統領政権と現在のガニー大統領およびアブドラ行政長官政権下において、国際社会から支援を受けながら著しい復興をとげています。アフガニスタンは繁栄と安定にとって不可欠である力図良い経済の構築を段階にあります。

日本は、第二次世界大戦後、国家再建および復興という素晴らしい手本を示しました。日本の著しい戦後復興を見習い、アフガニスタンもアジアの再建復興成功例の一つになれるように経済発展に力を入れています。アフガニスタンの再建において、日本は強力な支援国の一つです。したがって、駐日アフガニスタン大使館の商務・経済部は商業と貿易の関係を通して日本との友好関係を継続し、さらに強化することに全力で取り組んでいます。

現在、アフガニスタンへの直接投資額が大きい上位5ヵ国は南アフリカ、トルコ、アラブ首長国連邦、カナダそしてアメリカ合衆国です。近い将来、日本民間部門が積極的にアフガニスタン企業とのビジネスや投資に携わっていくことを確信しております。

なぜアフガニスタンへの投資をするのでしょうか?主な理由は以下の通りです

アフガニスタンは中央・南アジアや中東へのアクセスを有する、戦略上重要な新興成長市場です。従って、アフガニスタンとその国民及び生産品に投資をすることは、国際市場において有利になることを意味しています。

アフガニスタンは低税率、低労働賃金、さらに中東、中央・南アジアのなかで最も低い関税率です。投資を通して、アフガニスタンの女性の雇用機会を増加させることができ、さらに熱心で献身的な労働力を得ることができます。

なお、私たちの投資ガイドにて主要な投資部門についての情報提供しております。より詳しい情報、質問、及び関連する組織の紹介については当商業・経済部門までご連絡ください。 お待ちしております。



サイード・M・アミーン・ファティミ

駐日アフガニスタン大使